➡︎ 当カウンセリングルームの新型コロナウイルス対策

セックスレス

セックスの話題がタブー視される時代は過去になった感がありますが、それでも日常で気軽に話せる話題ではないのが現状だと思います。セックスレスの悩みは相談しにくい話題であるために誰にも話せず、一人または夫婦だけで悩んでいるケースが少なくないようです。

セックスレスの問題は、単にセックスがないということだけではありません。受け入れられない側には、愛されていない、愛される価値がない、女性(男性)としての価値がない、という傷つきを抱えることになります。できない側も、パートナーの期待に応えられないことによる申し訳なさ、自信の喪失を味わうことになります。

セックスレスの原因は、①個人的な要因によるもの、②2人の関係性によるもの、③両方によるものが考えられます。

個人的な要因には、心理的要因と身体的要因があります。心理的要因には、性に対する嫌悪感や劣等感、ちゃんとできるだろうかという予期不安や恐怖などがあります。身体的要因には、病気によるもの、不適切な自慰行為によってセックスから快感を得られないといったものがあります。

ちょっとしたスレ違いの積み重ねがセックスレスに発展することがあります。この場合、セックスレスが問題というより、夫婦の関係性の歪みがセックスレスという現象で顕在化されたと考えることができます。

セックスレスのカウンセリングでは、2人の傷ついた心のケアを行いながら、原因や問題を明確にして、解決に向かう提案をさせていただき、日常生活で実践していただきます。その積み重ねでゴールに向かいます。

タイトルとURLをコピーしました