Header Image

夫婦(カップル)カウンセリングのニーズの高まり

カウンセリングルームを開設したの2011年当時と比較すると、夫婦(カップル)でカウンセリングを受ける人が増えています。女性が一人でお越しになるケースが多いのは変わりませんが、夫婦・カップル二人でお越しになるケース、男性が一人でお越しになるケースがとても増えているのは、以下のような背景があると考えています。

妻の孤立

昭和の時代とは異なり、平成・令和の時代は隣人との関係が希薄になりました。わが家の長男は平成8年生まれです。私の妻は育児の困りごとや悩みごとを、お隣さんに相談していました。昭和の名残があったのでしょう。今はどうなのでしょう。

今のママさんたちは、わが家が子どもを育てていた時代に比べると、おそらく孤独な状況で過ごしていると思われます。ママ友はあくまで子どもを介しての関係で、心を開いて何でも話せるような関係を構築するのはむずかしいようです。

独身の頃なら、学生時代などの友人に話を聞いてもらう機会を持ちやすかったでしょう。しかし、結婚すると家庭以外のことに割ける時間やエネルギーが減少して、お互いに連絡を取りにくくなるケースが多いようです。

夫の孤立

終身雇用制の維持が怪しくなっています。年功序列が廃止されて、成果主義が導入されました。身分の安定を得られなくなりつつります。会社に対する忠誠心が弱まるのはやむを得ないでしょう。

上司・同僚・部下との関係も希薄化しているのではないでしょうか。飲みニケーションは死語とは言えないまでも、忘年会や懇親会の質は変わっているようです。業務時間外の付き合いを拒否する人もいると聞きます。

ハラスメントの啓蒙が進んだ結果、若手社員より上司のほうが、どのように付き合えば良いのか悩むケースが増えているそうです。

プライベートや会社から得られないものを家庭に求める

それら失ったものを家庭に期待するのは自然な心の動きでしょう。一方、期待が大きくなると、失望も大きくなりやすいです。夫婦(カップル)カウンセリングのニーズが高まっているのは当然と言えるのかもしれません。

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町8-12 第3マイダビル302
江坂駅(大阪メトロ御堂筋線)徒歩6分
【営業時間】10:00-20:00 【休業日】月曜日、臨時休業あり
カウンセリング予約フォーム LINEからご予約・お問い合わせ お電話でのご予約・お問い合わせ

夫婦・カップルの不和、浮気・不倫、セックスレス、DV・モラハラ、離婚カウンセリング、結婚前カウンセリング等、主な相談内容と特徴について述べています。

主な相談内容

家族システム論に基づくサポートを行います。問題を個人の内面に求めるのではなく、人間関係というシステムの中に位置づけます。お一人でも効果的なサポートが可能です。

夫婦カウンセリングとは

完全予約制です。申込フォームまたはLINEにてご予約下さい。料金は、60分・8,000円(個人カウンセリング)、80分・12,000円(夫婦・カップルカウンセリング)です。

料金・時間・その他詳細

はじめてのカウンセリングは不安でいっぱいだと思います。カウンセリングに対する不安や質問に回答しました。疑問が解消されない場合は気軽にお問い合わせ下さい。

よくある質問

個人情報は業務以外の目的で使用することはありません。個人情報の利用目的と個人情報取扱いの方針、守秘義務について記載しております。

個人情報の取扱いについて

最近のエントリー

Return Top